7.アンチエイジング » アンチエイジングシンポジウム ダイエットは若返りの秘訣!?

アンチエイジングシンポジウム ダイエットは若返りの秘訣!?

スキンケア&アンチエイジングで素肌を磨いて第一印象UP
大阪をベースに眉と肌作りにこだわったメイクレッスンを開催している
眉肌♡びはだナチュラルメイクスクールのさなえです

こんばんはっ!!笑う

東京から戻りました~。

今回の東京は充実~。
ラッキィ~続きで、思わぬ再会や思わぬ体験にワクワク♪

まずは、東京初日の大切なイベント~!!

「アンチエイジングサイエンスの最前線~‘老い‘と‘若さ‘の遺伝子への挑戦~」

産経デジタル主催のシンポジウムに参加ですキラーン

渋谷公会堂は、平日なのにすごい人!ええ!!並んだ並んだ~。

一番心に残ったフレーズ

「上手な年の取り方」=「遺伝子の使い方」

という言葉。

おぉ~深い~顔

メモ老化のプロセスは、遺伝子そのものによるのではなく、遺伝子の発現状態によって決定されます。

遺伝子は、私たちの環境で大きく影響されるってこと。例えば、食事環境

カロリー制限をすることによって「遺伝子の発現状態」に差が出ることがわかったそうです。 

その例が、お猿さんを使った有名な実験です。
遺伝子ネタのTV番組でいつも挙げられるアカゲザルの実験。

お猿さん二匹。
片方のお猿さんには、カロリー6割~7割控えめのお食事を、もう一方には普通のお食事をあげます。
その食生活を20年近く続けると、見た目年齢&病気の発症率&健康寿命はとんでもない結果に。

カロリー制限しているお猿さんが、若くて、病気になりにくい、健康寿命が伸びるのですポイント

カロリー制限によって、抑制される病気もたくさんあげられてました。
がん・肥満・糖尿・高血圧・心臓疾患・腎臓疾患・自己免疫疾患・筋肉疲労など。

カロリー制限が、長寿の遺伝子をON、老化に関する遺伝子をOFF、病気になる遺伝子をOFF、そういう状態をイメージキラキラ

人の遺伝子は約240000個と言われています。
その24000個のうち「肌のハリに関する遺伝子」は、240000個分の何十個とかだそうで、その何十個の遺伝子の束に働きかけることをすればいい。遺伝子の発現を若いころに戻せれば、お肌はハリハリ~↑↑
その一つがカロリー制限。

じゃ、カロリー制限しようと言っても、難しい。
栄養素は落とさず、カロリーだけを制限することができないから。


で、今回のシンポジウムで博士がおっしゃっていたのは、

最新の科学では、この遺伝子の発現を若い時の状態に近づける食品や天然抽出物の特定が研究されており、これまでとは違ったコンセプトのエイジングケア製品の開発も夢じゃない。

これは、すごいことです!キャー

食品や成分を食べるだけで、カロリー制限したのと同じ遺伝子発現を変化させた状態にできるということは、見た目年齢&病気抑制&健康長寿すべてが叶う~かお

現在、長寿大国の日本では、寝たきり長寿が多い涙
今後、健康長寿の日本になるだろうとワクワクしましたキラキラ音符

年齢を重ねながらもより質の高い生活を送れます。

シンポジウムで、「夫婦円満の秘訣」は?と聞かれたジャガー横田さんの夫、木下博勝博士は、
「夫婦円満の秘訣」は、「健康」とおっしゃいましたキラキラ

本当にその通り、我が家も二人とも健康だから働けるし、デートもできる。
健康長寿でラブラブな夫婦でいたいと思いますWハート

コメントを残す